萩市立椿東小学校

2022年04月01日
椿東小学校開校150周年

活動紹介

開校150周年記念事業の第3の取組について(全体)

 子どもたちは、これまでに開校150周年記念事業として「航空写真撮影」「萩焼の日」に取り組んできました。そして、これから「第3の活動」に取り組みます。
 この「第3の活動」では、子どもたちは自分の夢や志を書いたメッセージカードを作成します。そして、そのメッセージカードは最終的にモザイクアートに変身し、「ある特別なところ」に届けられるのです。
 この「第3の活動」とはどんな活動なのでしょう?そして「ある特別なところ」とは一体どこなのでしょう?ご家庭で、この「第3の活動」について話題にしていただいたり、メッセージカード作成についてアドバイスをいただいたりすることによって、お子様の学びがより充実することでしょう。保護者の皆様も、お子様へのつながりをとおして「第3の取組」に参加してみませんか?

2022年09月11日

2学期始業式(全体)

 長かった夏休みが終わり、今日から2学期が始まりました。2学期のスタートにあたり、今日は全校で体育館に集合して始業式を行いました。体育館に集合する際、静かに入場し、ソーシャルディスタンスを意識しながら整列しようとしている子どもたちの姿に感心しました。式の中では、校長先生から「1歩踏み出すこと=チャレンジすることが自分の成長につながる」というお話を聞きました。今日から始まる2学期を充実させていくことによって、全ての子どもが自分なりの1歩を踏み出すことができるように教育活動を展開していきます。

2022年09月01日

1学期終業式(全体)

 7月20日(水)に1学期の終業式を行いました。今回の終業式は、リモートではなく、子どもたち全員が体育館に参集するという形式で行いました。コロナ禍における参集型の終業式ということで、子どもたちは無言で集合し、間隔を空けて整列しました。子どもたちにとっては、数年ぶりの参集型の式でしたが、静かに集合したり、列を乱すことなく整列したりしている様子から、1人ひとりの成長が伝わってきました。式の中では、子どもたちは1学期の振り返りを校長先生と一緒に行い、1学期の取組について各学年の発表を聞きました。コロナ禍で教育活動が制限される中においても、子どもたちが充実した学校生活を送れていることやしっかり成長していることがあらためて分かり、うれしく感じました。

2022年07月20日

松陰ガイドパート1(総合的な学習の時間)(5年)

 5年生は、総合的な学習の時間に「松陰ガイド」の活動に取り組んでいます。「松陰ガイド」とは、地域の偉人である松陰先生に関するテーマを自分できめて、「松陰読本」やインターネットを活用してテーマの内容について調べ、調べたことを他の学年に紹介する教育活動です。今週、その「松陰ガイド」の第1弾として、下級生に向けた発表会を行いました。5年生の子どもたちは、原稿を読む速さや声の大きさに気を付けるなど、「どうすれば聞き手に伝わるか」を意識しながら発表に取り組んでいました。

2022年07月15日

横断幕完成!!(開校150周年記念事業)

 今年度は、椿東小学校が開校して150年目という節目の年です。そこで今年度は、開校150周年記念事業の取組として、1学期には航空写真撮影や萩焼づくりなどの学校行事を行ってきました。この取組のひとつとして、このたび150周年を記念した横断幕を作成し、運動場横フェンスと昇降口に掲げました。横断幕にかかれている言葉や絵は、全校の子どもたちのアイデアです。参観日などでご来校された際には、ぜひご覧ください。
 2学期も開校150周年記念事業の取組が目白押しです。この横断幕を目にすることで、子どもたち、保護者や地域の皆様、学校がそろって150周年をお祝いするという意識を高めていきたいと考えています。みんなで150周年をお祝いしましょう!

2022年07月15日
» 続きを読む