作成者 校長 井 原  良
【家庭学習教材としてご活用ください】
★山口県教育委員会から家庭学習を支援する動画教材が提供されています。
「子どもたちの学習をサポートする動画コンテンツ」
Web掲載場所  https://shien.ysn21.jp/gakushi/

★NHKから家庭学習を支援する教材が提供されています。
「NHK for school
Web掲載場所  https://www.nhk.or.jp/school/program/
 『学校敷地内に畑をつくりました』2020年8月4日火曜日
 1学期の仮設水遊び場が役目を終え、解体撤去、そのあとに年度当初から計画していた畑づくりを8月4日(火)に行いました。地域の方から畑づくりに必要な畑土を大量にいただきました。土の運搬にも協力していただき、大変助かりました。教職員と部活動を終えた生徒も手伝い、立派な畑が完成しました。これから小学部が野菜を植え、水やりをしながら野菜の生長を身近に観察することができます。今から楽しみです。
 『一学期終業式』2020年7月31日金曜日
 7月31日(金)1学期終業式があり、無事終えることができました。1学期を振り返ってみると、コロナウイルス感染拡大防止に向け、臨時休業があったり、各行事が中止や短縮になったりしました。そのような中、子どもたちは元気に学校生活を送っていました。これから例年より短い夏休みに入りますが、日々の生活で手洗いやうがい、外出時にはマスク着用等、状況に応じた行動に努め、有意義な夏休みを送ってほしいと思います。下写真は終業式後に秋季大会で活躍した生徒の表彰の様子と小学部と中学部で生徒指導担当の先生から夏休みの過ごし方についてお話しを聞いている様子です。
『楽しい水遊び 小学1,2年生』2020年7月20日月曜日 
 梅雨で雨が続く中、7月20日()は、久しぶりに太陽が顔を見せ、とても蒸し暑い日となりました。小学1,2年生にとって待ちに待った水遊び、しっかりと準備運動をしたのち、仮設の水遊び場に入りました。子どもたちは水に顔をつけたり、水をかけあったりして楽しい時間を過ごしました。
 『あじさいの剪定』2020年7月17日金曜日
 本校のグラウンドや正門周辺には、たくさんのあじさいが植えられています。今年度で開校5年目を迎える本校は、開校時にあじさいプロジェクトを計画し、色とりどりのあじさいが学校周辺に植えられました。毎年この時期、子どもたちが咲き終わったあじさいをはさみで剪定しています。スッキリとしたあじさい、来年もたくさんの花を咲かせることでしょう。
 『スクールカウンセラーによる「こころの教室」』2020年7月10日金曜日
 今年度、スクールカウンセラーとして、山下健一先生が定期的に本校へ勤務されています。7月10日(金)には、小学部児童対象に山下先生による「こころの教室」の授業がありました。自己紹介から始まり、悩んでいるときのSOSの出し方や、困っている人の上手な話しの聞き方などのお話がありました。何か相談ごとがあれば、担任の先生はもちろん、山下先生にも気軽に話してください。
 『学校支援 地域の方々による「読み聞かせ」』2020年7月9日木曜日
 
今年度も地域の方(ボランティア)による「読み聞かせ」を行っています。授業前の朝学の時間、ロビーに対象学年(学年がローテーション)の子どもたちが集まり、絵本のお話を聞いています。話し手のお話を聞きながら、その情景を想像したり、自分なりの感想をもったりと充実した時間を過ごしています。ボランティアの方々には感謝です。「地域の子どもたちのために、読み聞かせしてみよう」と思われる方がおられましたら、ご気軽に学校までご連絡ください。そして、ご協力をお願いします。
 『小学部3年生による社会見学 in村田かまぼこ』2020年7月2日木曜日
 7月2日(木)に小学部3年生が「村田かまぼこ」へ社会見学に行きました。工場内では事業所の方の説明を聞いたり、かまぼこができるまでの作業工程を見学したりしました。質問タイムでは、事業所の方に知りたいことや疑問に思ったことなどをいろいろ質問し、丁寧に答えてくれた内容をノートに記録したり、工場内を見て確認したりして理解を深めました。一番の思い出は、-28℃の冷凍庫に入ったときの体感だったかもしれません。
  『中学部3年生による花生け活動』2020年7月1日水曜日
  毎週水曜日に「花の会」の皆さんが来校され、校舎内にたくさんの花を飾ってくださいます。7月1日(水)には中学部3年生が花生け活動にチャレンジしました。生徒たちは自分の選んだ花瓶に自分の感性で花を生けました。見栄えのある作品がたくさんでき、校舎内に飾られました。以下の写真は活動の様子と校舎内に飾られた生徒作品の一部です。
 『学校運営協議会&地域教育ネット(ふくふくネット)』2020年6月23日火曜日
 6月23日(火)学校運営協議会と地域協育ネットの合同会議を本校体育館にて行いました。地域の方々に見守られている学校として、現在、コロナウィルス対策しながら学校運営を進めている状況について校長から説明、今後の学校行事の取組について学校の考えを情報提供し、地域の教育力により、学校を支えていただきたいとお願いしました。
  『さつまいも苗の植え付け』2020年6月17日水曜日
  晴天に恵まれた6月17()、小学部12年生がさつまいも苗の植え付け作業を行いました。1週間前にJA職員の方々の指導のもと、植え付ける予定でしたが、雨天のため中止となり1週間遅れとなりました。畑に到着すると、3週間ほど前に植えたトマト、スイカ、オクラが大きくなっていました。はじめにみんなで協力して野菜の水やりを行いました。その後、さつまいも苗を2列に並んで植えました。子どもたちの「大きく育ちますように」と祈る声が聞かれました。11月にはたくさんのさつまいもが収穫できればと思います。
 『ふれあい作業』2020年6月9日火曜日
 本校では、毎年6月に入ると、保護者や地域の方にご協力いただきながら、花の苗植えや除草作業を実施しています。6月9日()朝、22名の地域の方がボランティアで集まっていただきました。草刈り機も16機ととても心強い数でした。本校の敷地はかなり広いですが、あっという間に学校周辺の法面がきれいになりました。児童生徒や教職員は主に花の苗植え、学校周辺に植えてあるあじさいへ肥料まき、グラウンドの除草にあたり、地域の方も一緒に作業を行い、ともに汗を流しました。「地域とともにある学校」としてこれからも協力し支えあっていきたいと思います。
 『仮設の水遊び場の準備』2020年6月3日水曜日
 本校のプールは徒歩で約15分程度のところにあり、毎年、その場所まで往復して水泳の授業をしています。今年度はコロナ感染防止対策と授業時数確保の両面を考慮し、プールでの水泳指導は中止としました。そこで、小学部の低学年では、水に慣れさせることができればと考え、仮設の水遊び場を設置することにしました。地域の方や保護者(兼事業者)の助言・協力により、水遊び場の枠組みを組み立てました。7月に入ったら子どもたちが楽しく水遊びする姿が見られると思います。
 『コロナに負けない!1つの授業紹介』2020年6月3日水曜日
 日々の授業では、コロナ感染防止対策として、3密にならないように意識しながら取り組んでいます。そこで一つ、授業の取組を紹介します。天候に恵まれ、心地よい風の吹く日、小学部5年生の音楽の授業は広々としたグラウンドで行いました。子どもたちは笛と教科書をもって、鉄棒のある場所に集合、距離を保ちながら、各自の課題克服に向けて、真剣に笛の練習に取り組みました。周りから聞こえてくる小鳥の鳴き声と笛の音色がコラボして、自然の豊かさを感じる時間となりました。
  『水辺に親しむ勉強会(うなぎの放流)』2020年5月28日木曜日
 5月28日(木)小学部3,4年生がうなぎの放流を行いました。子どもたちは各バケツからうなぎを手で捕まえて放流しました。ぬるぬるとしたうなぎはうまくつかむことができず、悪戦苦闘していましたが、何とか無事に放流を終えることができました。子どもたちにとってとても楽しく、貴重な体験となりました。放流後は、指導者の方へうなぎについて知りたいことを質問して知識を深めました。また、自分たちの生まれ育った地域は自然が豊かさであることを再認識するとともに、何よりも一つの活動を行うために各事業所(このたびは大井川漁業協同組合)や地域の方々の協力があったことを忘れてはなりません。
 『縦割り班による外庭清掃活動2020年5月27日水曜日
 小中一貫教育校として、小中学生が協力しながら、さまざまな取組を行っています。その中の一つに、縦割り班による清掃活動があります。27日(水)は今年度初めての縦割り班による外庭清掃がありました。中学生が小学生に清掃の仕方をやさしくアドバイスし、小学生は中学生の活動する姿を見ながら協力することの大切さを学びます。当日は天候にも恵まれ、黙々と清掃活動に取り組む姿が見られました。
 『新入生を迎える会2020年5月27日水曜日
学校が再開し延期となっていた「新入生を迎える会」が5月27日()にありました。
体育館に小学部と中学部に入学した新入生が入場、さっそくインタビューがあり、「がんばりたいこと、先輩に聞きたいこと、楽しみにしていること」などの質問に、一人ひとりが自分の思いを述べました。その後、縦割り班によるレクリエーションで「障害物リレー」「ピン球リレー」などがあり、各班、盛り上がりを見せ、楽しい会となりました。
 『校舎内にいっぱいの花が飾られました2020年5月27日水曜日
5月27日(水)、「花の会」の方々が久しぶりの学校へ来られ、校舎内にたくさんの花を飾ってくれました。それぞれが家庭に咲いている花や近所からもらった花を持ち寄り、花びんにあった花を選別し活けてくださいました。作業中、和気あいあいで会話も弾み、楽しいひとときでもあります。花のある教室環境づくりは、子どもたちの落ち着いた学校生活を支えています。
  待ちに待った学校再開2020年5月18日月曜日
 学校が臨時休業となっていましたが、18日(月)から学校再開となりました。学校には子どもたちの笑顔が戻ってきました。これから学校では、子どもたちの健康観察、手洗い、換気、マスク着用など安全に配慮しながら教育諸活動を進めていきます。「自分自身を守る」「家族、友だちを守る」お互いに頑張っていきたいと思います。各家庭におかれましても、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
  学校再開をまっています。グラウンド整備2020年4月24日金曜日
 学校は17日午後より臨時休業に入り、学校には児童クラブに通っている児童のみが来ています。教室からは児童生徒の声がありません。広いグラウンドは使っていないと雑草が生えてくるので自家用車を利用して整備しているところです。児童生徒が元気に登校してくる日を待っています。
 臨時休業前の事前指導2020年4月17日金曜日
 新型コロナウィルス拡大防止に向け、萩市内小・中学校では4月17日午後から5月6日まで臨時休業となりました。17日給食終了後、全校児童・生徒がグラウンドに集まり、校長から臨時休業の意味や休業中の家庭での過ごし方(健康管理、家庭学習、家族の一員としての役割を果たす)を話しました。期間中生活リズムを崩さずに過ごしてほしいと思います。
  『花壇清掃2020年4月14日火曜日
 学校の花壇にはチューリップがいっぱいです。美しい学校(環境)づくりに向けて、小学部、中学部全員で花壇の清掃を行いました。
 『もみまき2020年4月10日金曜日
 小学部では、毎年、もみまきを実施しています。当日、老人クラブやJA職員、保護者による支援がありました。活動では小学1年生から6年生までの縦割り班を編成、上級生が下級生をやさしく教えている姿が見られました。天候にも恵まれ、子どもたちは楽しく活動することができました。
『令和2年度 入学式2020年4月8日水曜日
満開の桜のもと、4月8日(水)令和2年度の福栄小中学校入学式が行われました。
 小学部3名、中学部4名の新入生が夢と希望を胸に入学してきました。新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 小中一貫教育校である本校がめざしている学校像は「ひたむき、ぬくもり、さわやか」を共に大切にする山口県一美しい学校です。この学校像に近づくために、日々の学習や学校行事、地域での学習等を通して身に付けてほしいと思います。また、福栄小中学校には、福栄の「み・そ・あ・じ」というチャレンジ目標があります。この言葉の意味をしっかりとうけとめるとともに、「み・そ・あ・じ」を徹底させ、福栄小中学校のよき伝統を築いてほしいと思います。
 『よろしくお願いします2020年4月8日水曜日
 令和2年度、校長として赴任しました井原 良(いばら まこと)です。どうぞよろしくお願いします。住居は萩市です。毎朝、四季を感じながらの通勤は、気持ちをリフレッシュさせてくれます。この福栄地域は、とても親しみがあります。私は、福栄村が萩市と合併する最後の年に、当時の福栄村教育委員会の派遣社会教育主事として勤務していました。勤務2年目には萩市と合併し、萩市教育委員会福栄地域担当として2年間、合計3年間お世話になりました。その間、地域行事として平わらび台で開催されていた「わらび摘みフェスタ」で雑炊作りをお手伝いしたり、福栄大運動会を運営したりしました。また、福栄出身で柔道の阿武教子選手がアテネ五輪で金メダル獲得の瞬間を道の駅ハピネス福栄で地域の皆さんと一緒に大型画面を見ながら応援し感動したことなどが思い出されます。
 さて、福栄小中学校は今年度、開校から5年目を迎えます。
 学校教育目標は『「ふるさと福栄」に思いを寄せ、志を抱き、未来を切り拓く力を身に付けた児童生徒の育成』を掲げています。教職員一同、一丸となって本校教育に取り組んでまいります。そして、福栄地域の子どもたちのため、地域のために全力を尽くす所存です。今後とも、保護者、地域の皆様の御支援・御協力のほど、どうぞよろしくお願いします。
 平成31年度(令和元年度)の記事はこちら