本文へスキップ

萩市立萩東中学校は、地域とともにある信頼される学校、生徒の姿で教育の成果が見せることのできる学校づくりにつとめています。

TEL. 0838-25-2721

〒758-0025 山口県萩市大字土原556-1

校長室よりFrom the principal's office

ごあいさつ

萩市立萩東中学校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
 校長の網本徳文(あみもとなるふみ)です。萩東中の校長4年目になりました。本年度も、校訓「至誠」、教育目標「ふるさと萩を愛し、志に生きる」、そして萩市の学校教育基本方針「ふるさと萩を誇りとし、高い志を抱き、人や社会と積極的に関わる子どもの育成」の具現化をめざし、「地域と共にある信頼される学校づくり」、「生徒の姿で教育の成果を見せることができる学校づくり」に努めてまいります。
 萩東中学校は、山口県北浦地域最大規模の中学校であり、萩阿武地域の中心校です。地域と一体となった学校運営、特色ある行事、輝かしい部活動の成績、高校と連携したキャリア教育などが注目され、毎年県内外から多くの学校が本校の取組を視察に来られます。教職員には、萩東中学校は自分たちが思っている以上にすごい学校であり、そんな萩東中に誇りを持ち、そんな萩東中に勤務し、自分がその萩東中を支えていることを意気に感じてほしいと話し、新たにスローガン「萩東中PRIDE」を掲げました。このスローガンの下、教職員一丸となって山口県教育をリードする学校づくりに取り組んでまいります。
 私自身は、本年度が教員生活のラストイヤーとなりますが、残り1年だからと言って、なんとか無難に終わろうとか、面倒くさいことは先送りしようとか、そんな消極的なことはまったく考えていません。一年後の3月31日から4月1日へ日付が変わる直前まで、全力で走り続けようと思っています。本年度もどうぞよろしくお願いします。

萩東中学校の紹介

本校は、萩市の三角州の東半分を校区として、萩市中央の市街地に位置する全校生徒441名の萩阿武地域の中心校です。明倫小学校、椿東小学校、椿西小学校区の生徒が通学しています。
校区には、世界遺産である「明治日本の産業革命遺産」を構成する「松下村塾」、「萩反射炉」、「恵美須ヶ鼻造船所跡」が存在し、大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台になった地域でもあります。
 生徒は明朗快活で礼儀正しく、文武両道、進取の気風をもって学校生活を送っています。全国中学校駅伝大会に10回の出場を数えるなど、部活動もさかん
です。

 
本校の沿革の概要は、昭和22年5月1日に明倫小学校の北校舎を借用して萩市立萩第一中学校として開校し、翌年4月に、現在の校地に新校舎を建設し移転しました。その後、平成9年4月1日に市内の3つの中学校(萩第一中、指月中、明経中)の再編統合により、萩東中学校と名称を変更し、現在に至っています
  

学校経営の基調

 萩東中学校は、松下村塾を開校し、高杉晋作や伊藤博文、山縣有朋など多くの人材を輩出した吉田松陰先生の教えを脈々と受け継ぐ中学校です。

校 訓 「至誠」
 真心(まごころ)をもって誠実に生きていくという意味。吉田松陰先生が座右の銘としていた「孟子」の有名な言葉、「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」から引用しています。

育目標 「ふるさと萩を愛し、志に生きる」
 ふるさと萩に誇りと愛着をもち、「志を立てて、以て万事の源となす」と説かれた 吉田松陰先生のように、志を抱くことを大切にし、自分にふさわしい生き方を実現しようとする意欲や態度を育てます。


めざす生徒像
 ○深く考え、正しく判断し、志を抱く生徒
 ○明るく清くさわやかで、勇気をもち、仲間を大切にする  生徒
 ○強くたくましく、主体性をもって粘り強く取り組む生徒


生徒につけたい4つの力
 ○将来の夢の実現に向けて自ら学ぼうとする力
 ○ふるさと萩を愛し郷土に貢献しようとする思い
 ○新しいことに挑戦しようとする強い意志
 ○自分の思いや考えを表現、発信する力

チャレンジ目標
 ○大きな声で笑顔で4メートル挨拶をしよう
 ○真心をこめて黙って掃除10分間
 ○年間で1万ページ本を読もう

令和4年度、重点を置いて取り組む10項目
 @よりわかる授業をめざした授業改善
 A教職員の授業力向上を図る校内研修の充実
 B家庭や地域と連携した家庭学習習慣の確立
 C生徒一人一人のニーズに応える特別支援教育の充実
 D自己有用感を感じる部活動、生徒会活動、学校行事
 E生徒や保護者に寄り添う不登校支援
 F安心・安全な学校生活を送るための教育環境づくり
 Gふるさと萩を愛し、志を高めるキャリア教育の充実
 H学校課題の解決に直結する地域連携教育の推進
 I質の高い教育を行うための業務改善

地域連携教育の取組

萩東中学校は、平成24年度から文部科学省の調査研究校の指定を受け、平成26年度からコミュニティ・スクールをスタートさせました。
 その母体となったのが、十数年前に生徒指導を建て直すことを目的にPTAのOBで結成された「てごの会」(※「てご」は山口県の方言で「手伝い」を意味します)です。「花生け」、「土曜塾」、「ユニット型研修」など、他校に先駆けて地域と共に取り組んだ様々な取組は、県内外からも注目され、いつからか萩東中学校は「コミュニティ・スクールのトップランナー」と言われるようになりました。
 今後は、これまでの取組の成果を検証しながら、常に学校の実態にあった、学校課題の解決に直結する、そして持続可能な地域連携教育のスタイルの構築をめざし、引き続きトップランナーとしての役目と責任を果たしていきたいと考えています。

  

 

バナースペース

萩市立萩東中学校

〒758-0025
山口県萩市大字土原556-1

TEL 0838-25-2721
FAX 0838-25-3721
E-mail:higashi-jh@edu.city.hagi.lg.jp