2月 
                                                 戻る
なわとび大会 -2月6日(水)-   
 体育の授業や昼休みに一生懸命練習してきた成果を発表しました。
最初は、3分間チャレンジ。1~3年生の部と4~6年生の部に分かれて、どのくらい跳び続けられるか挑戦しました。何人もの子どもが3分間をクリア。挑戦した先生もクリア。お見事です。
次に、5・6年生が、2重跳びなどのスペシャル技を披露しました。さすが高学年です。3重跳びに挑戦した子どもも。さらに、4重跳びを披露した先生も。技術的にも高度でした。
最後は、縦割り班対抗の長縄跳びです。3分間に何回跳べるかを競いました。長縄は、「協力」しないと跳べません。低学年の児童が入りやすいように高学年が背中を押してあげたり、次の人が跳びやすいように縄から出たり、回す人は、みんなが跳びやすいタイミングを考えて回したり・・・。たくさんの「協力する姿」を見ることができました。3つの班での対抗戦でしたが、どの班も練習のときより記録が伸びていました。
始業式のときに、子どもたちに話した「一人でできる努力 みんなでしかできない協力」のどちらの姿も見ることができました。
おはよう朝会 -2月6日(水)-  
2月の司会は、1年生です。事前にしっかりと練習をし、はっきりとした声でとても上手に会を進めました。
発表は、6年生。外国語活動で学習したことを生かして、英語で3ヒントクイズを出しました。第1問の第1ヒント「red nose」第2ヒント「brown cape」第3ヒント「I can fry!」だれだか、分かりますか?答えは、アンパンマンです。3問ありましたが、みんな楽しく考え、参加していました。

戻る