萩市立川上小学校のある萩市川上地域は、人口約900人、約400世帯で、山口県北部の萩市の南東にあります。広さは東西12㎞、南北約14㎞、総面積約95㎢です。
 山口市阿東町に源流を発した阿武川が東西を貫き、地域の中央部には、昭和50年に完成した県営阿武川ダムがあります。
 地域の87%を森林が占め、林業が盛んで、杉や檜の造林が盛んです。平成元年に建築された現校舎は、地域の杉や檜の間伐材がふんだんに使われており、木のぬくもりが伝わってきます。
 名勝長門峡・阿武川ダム・阿武川温泉などの資源をもとにした観光産業、工場誘致促進などに力を入れていますが、過疎化により、児童数は減少を続けています。地域や保護者の学校に寄せる関心や期待は大きく、大変協力的です。子どもたちは、毎日楽しく元気いっぱい学校生活を送っています。