明倫小学校 学校行事や学習の様子 本文へジャンプ
平成25年度8月

夏本番!子どもたちも、夏休みならではの学習や生活をしていることと思います。まずは安全に気を付け、たくさん夏の思い出をつくって、9月からの新学期を迎えてほしいと願っています。

校内研修会「松陰教学」
  
 8月1日(木)の午前中に、講師の先生をお招きして、本校で取り組んでいる「松陰教学」について校内研修会をしました。「生きてなすこと・生きてあること」をテーマに、松陰先生の教えを分かりやすく、そして具体的な資料をもとにご講話いただきました。「共生」を育む「対話」のある教室づくりなど、松陰先生の教えを基に、子どもたちにどういう力をつけていくことが大切なのかを職員で研修することができました。

金管・カラーガードクラブが夏祭りパレードに参加
  
 8月2日(金)の夕方、明倫小の金管・カラーガードクラブが萩市の夏祭りパレードに参加しました。1学期そして夏休みに入ってから、一生懸命に暑さに負けず練習に取り組んできました。明倫小校歌や「勇気100パーセント」の曲を約30分間にわたり、市民の方々に披露しました。堂々とした演奏・表現に、商店街や道中で大きな拍手をいただきました。

ぱっぱ隊作業
  
 8月17日(土)の夕方、明倫小ぱっぱ隊の方々が、草刈りや剪定をボランティアでしてくださいました。また、その日は午後から、明倫小新校舎の工事にかかわられている方々が地域貢献ということで、校舎周りの木の剪定をしてくださいました。ぱっぱ隊の皆様、工事関係の皆様、暑い中大変ありがとうございました。

親子奉仕作業
  
 8月18日(日)の午前中、全校登校日にあわせて親子奉仕作業が行われました。PTA総務部の方のお世話で溝掃除や草取り、窓ふきなど、大人も子どももみんなで学校をきれいにしてくれました。おかげで、2学期からの学校生活を気持ち良くスタートできます。ありがとうございました。

志メッセージの発表
  
 8月20日(火)の午後、萩市学校教育研究発表大会がありました。萩市内の小中学校の先生方が集まっての研究大会ですが、小中学校の児童生徒による志メッセージ発表も行われました。明倫小からも6年生の代表児童が、「行動してみて気付くこと」という題で、堂々とした発表をしました。計画委員としてあいさつ運動に取り組んだことをもとに、行動することの大切さをしっかりと伝えました。

萩地域障害者スポーツ教室
  
 8月21日(水)の午前中、明倫小の体育館で萩地域障害者スポーツ教室が開催されました。明倫小学校からも児童や教職員が参加しました。「風船バレー」と「ボッチャ」の2つのスポーツの体験を通して、お互いの親睦を深めるとともに、障害者スポーツに対する関心や理解も深まりました。

全国高等学校PTA連合会大会山口大会で朗唱発表
  
 8月22日(木)に、山口県スポーツ文化センターアリーナで開催された全国高等学校PTA連合会大会山口大会で、明倫小6年生有志80名が朗唱の発表をしました。約3千人の観客の前で3つの朗唱を披露し、会場からとても大きな拍手をいただきました。明倫小の取り組んでいる朗唱を、全国に広めてくれました。すばらしい朗唱発表でした。


校内研修会
  
 8月27日(火)の午前中、校内研修で校内人材活用研修会を行いました。本校教員が講師となって、全教員が2つに分かれて外国語活動と特別支援教育について研修しました。その後、一学期の一人一授業公開者の実践報告、校外での研修会の報告、そして授業改善等について研修しました。2学期からの授業に生かすことのできる充実した研修会となりました。